言葉は災いのもと・・。

皆さん おはようございます!    「言葉は災いの下」と言いますが?  失言は誰にでも経験があることです!  しかし残念な事に・・、一度言ってしまった言葉が、人を傷つけてしまうこともありますが・・・? それは、もうすでに人の心へ入り込んでしまっているので、中々それを取り消すことは出来ないことが多いものであります。  縁ある人や身内の付き合いの中でも・・・? このような事がありますと、それが確執として今後の生活にも大きな支障が出て来るものであります。  人を傷つけたり、人からひんしゅくを受けたりと・・、 言葉とは厄介なものでありますが・・?  しかし、人を救う言葉もあるわけであります♪ エルエス会の皆様には、出来るだけ禍を呼ぶ言葉を減らす努力を心掛けて頂きたいと考えております。  神我の法則では、言葉は人の心を明るく・楽しく・軽くするものであることを伝えています。 会員の皆様には、日頃からこのことを意識されて、言葉を発していきましょう!  修行がこの世にあるとすれば?   人を喜ばせることと、人と仲良くすることであります!  「言葉は身の文(あや)」とも言います。言葉はその人の品格を表すものであるという意味ですが? 人を思いやり心から出る言葉と? 自分を中心とした考えから出る言葉の違いは・・・?  同じような言葉でも、格段の差が出て来るものなのです。  またその見極めが出来…

続きを読む