心と身体は共にあるべきもの!

皆さん おはようございます! 今日は ⇒身体と心の繋がりについて話を進めていきたいと想います。 例えば、どこかに? 行くとします。  それが楽しみなところだと身体も軽く向かうことが出来るのですが、  もしも行き先が、意図しないところや? 気乗りしないときなどは? 身体も重くなり集中力にも欠けてくるものであります。 要するに身体と心の因果関係は、私達の身体に及ぼす影響力大であると言うことが理解出来てきます。 早くあそこへ行きたいと想って向かう時には、心が先にそこへ行き身体が後からついて行くのです。 また行きたくない所には、心は行かずに身体だけが向かっていくのです。 よって身体が重くなる軽くなるはこのような事から起きてくるのです。 「やるからには楽しくやること!」を心掛けていくことが、身体と心が共にあることとなり・・、 体調面にも大きく影響して動ける人へと発展していくのです。  いやいや言いながら・・?   愚痴ばかりが先行して身体が動かない・・?  何事にも否定的であり、孤立する考え方に偏る日々・・? これはすべて⇒心が身体と、共は無い生き方であり、心ここにあらずの状態から起きてくる諸症状と言えるものなのです! 向かう方向へ心が向いていないことには、身体と心のバランスが崩れて身体から気の流れが狂ってしまうこととなっていくのです。 自分の未来には、心が向かわないと想うとおりにはならないというのが、幸…

続きを読む