やる事に意義があるは、⇦誠の事である!

皆さん おはようございます! 人は目標を以て生きていくのですが…、 結果にばかり拘だわっていけば? 自分を見失い…、周りとの協調性に掛け…、孤立することもしばしば出てくるものであります。 問題は目標へ向かうプロセスで人は成長し、そこに未来の繁栄の礎となる知恵が育まれていくのです。 「若い頃は旅をしろ!」と言いますが、先々責任を負う中年層へ差し掛かる前までに・・?! 如何に多くの事へチャレンジをする事が出来るのか? そして目標へ向かうプロセスの中で、多くの事を学びそしてどこまで成長出来るのかが・・、未来の幸せつくりとなっていくのです。  結果に拘る事で・? 大切な時間をかけていくプロセスの段階で浮足立ち、大切な教訓を見失ってしまうことは多いものであります。 結果に拘ることで、人は一喜一憂していくこととなり感情にも起伏が出てくるものであります。 この感情の起伏は運命の起伏にも繋がっていくものでありますので、よってあまり感心出来ないものであります。  例えば・・? 結果が意に沿うもので無くとも・・? そこまで行かなければ? またやらなければ? 見えてこないものや、気づかないものがあるということであります。 その学びが先々の大きな繁栄の礎と成っていくのです。 このように人生の仕組み(心の仕組み)を知っていく事で、今の苦労を楽しいものへ…、また希望を以て未来志向へと発展させていく事が出来ていくようになっていくのです。(^0_0^…

続きを読む