人との縁は心の学びの場とする・・。

前回のblogの流れから・・⁉  心我の力で送念をする事で(幸せになる事なら!)どんなことでも不可能を可能とすることができるのです。 その念が通じる人は縁ある人になります。縁は念を通じさせるネットワークとなるもので、心の光ファイバーのようなものとお考え下さい。 ということは⁉ 縁ある人は? ⇒助けられる人!ということになりますね。(^^♪ そうしますと、自分の好みで人との縁をコントロールするのは如何なものかということになります。 感情や損得などで、人への差別や偏見なども・・、出来ましたら大きな心で縁を優先するお付き合いが出来ましたら、大きな幸せな流れがやって来ることでしょう! あくまでも基本的姿勢は、「来る者拒まず、去る者追わず」の姿勢を保つ事が心の鍛錬にもなりますし‥、未来が拓けるというものであります。 意外と自分の敵と思っていた人が大きな味方(協力者など)になることは多いものであります。*反面「昨日の友は今日の敵」になる事も? 自分が避けて通っていた道が、意外と繁栄、発展の流れがあったりするのです。(何事も初めに想ったこと(閃き)が、正解は多いものであります) *これにも常識的に言いますと? 例外があります!⇒それは身の危険や事故・事件に巻き込まれる恐れがある時は、この他でもありません。 こうして考えてみますと、責任ある立場の人には、決して差別やえこひいきをしてはならないといった責任が伴っていることに気づかさせられるところです。 縁…

続きを読む