心の性質を考えてみる・・?

皆さん おはようございます!

 今日は移動日となっていまして、私は午後の便で福岡へ戻ります・・。(^0_0^)


 「心」という言葉は良く耳にするもので、 

また人との会話の中でも、良く出て来るものであります。


 では? この心とはいったい何を指して、どんな意味があるのでしょうか?

「心」を一言で表現しますと、心とは人のお役に立つ知恵であり、それが自分の言動として表れ人へ伝わるエネルギーの事であります!

人と向き合い我を無くし、そして夢中になり努めていく事で育まれていく 「心」・・。


 神我の根源である生命を司る心の存在は、幸せになる為の力を有し、また人の心を改め導くものであります。

この流れ(仕組み)を戒律などに縛られることなく、誰でも自由に授かれるというエルエス会の仕組みは、神我が特別なものでなく人の生きる力の根源であるという事を証明するものであります。


神我は、鍛錬をして、修行して、また信心してと・・・、

 特別な事をして身に付く力ではなく、生まれつき人間が持ってきている心の力であるという事!

すぐにでも人へ送念することが出来て、人の為に成る事が出来るのですから、

人生が発展し幸せになっていくのは、当然と言えば当然のことであります。

 
 また 「心」の力である神我は、人が幸せになる様に送念していくことで、自分の心身も元気になっていくのです。

これを考えていきますと、これが心の仕組みであるという事であります。

それは人間社会が成り立ってきた礎となるもので、神我はそのすべてをエルエス会の皆様に伝えようとしているのです。

 
 まずは人を潤わせ、そして自分も潤う・・。

この手順で運命(幸せ)は、つくられていくのです。

仕事もそうであります、人の為に働き、協力などをしていくことで、お給金を手にすることが出来るのです。

それが生活の基盤となる事が、全てを示唆するものであります。 

 働くから生活が成り立つ・・、このフレーズを忘れることなく頑張っていきましょう!(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「自然の摂理に逆らうことなく生きていく事が、

 何より楽な生き方なのです。」


この記事へのトラックバック